リビング

リビング

デザイン画

デザイン画

デッサンと実空間

頭の中のイメージをデッサンすることにより空間のバランス、奥行き、抜け感、タテヨコの面積比、繋がり、非繋がり

余白・・・等を吟味する。

床のテクスチャーから空間のいろ、光の構成に入る

アクセントの寄りを考える。分散させず固める、中心か(3Dゆえ中心が難しい)偏らせるか

どの素材で柱か、梁か、キッチンかファニチャーか・・・・

自然光による見え方

人工光による見せ方

空調機器の効率、配置(隠蔽も考慮)

見え方、見せ方のアイラインは立ち位置でか座してか・・・・

そんな流れがバラバラにまたはいっせいに、または何かが核になりそれを軸に・・・・

表現したいものを何で表現するか、素材の知識量が大切それには挑戦するのみ

納まり(デイテール)

メンテ(維持管理)

の要素も大切

そんなこんなでデッサンから実空間が生まれたのであります。

 

デザイン室 NAGANO