土屋ホームの家づくり

BES-Tオリジナル構法

点と面の両方で支えるからより強いのです。

「BES-Tオリジナル構法」は、軸組構造と壁構造を合体させ、外力を点と面の両方で受け、基礎に伝えるとともに、建物全体に分散させます。接合部はオリジナル金物でがっちりと接合することで地震や台風などさまざまな外力に耐える、ゆるぎない強さを生み出します。

床組みも面構造として、安心の住まいを実現しています。

木造在来工法では、床の水平剛性を高めるために、火打ち梁や火打ち土台を使用するのが一般的ですが、「BES-Tオリジナル構法」では24mmの構造用合板を、床全体に施工し、かつ土台や胴差を一体化することで高い床剛性を確保しています。 水平構面を強くすれば、土台・梁・壁の強さを十分生かすことができ、外力を建物全体でバランス良く分散させることができます。「BES-Tオリジナル構法」は、それぞれの部材毎だけでなく、トータルな強さを実現しています。