施工事例

新しい別荘は寒冷地仕様で、四季を通じて楽しむ軽井沢。
長野県軽井沢町 M様邸

注文住宅 別荘
  • リビングルームには暖炉が設けてある 
    窓越しに四季折々の景色を楽しめる
  • 白樺やモミジの雑木林に囲まれた別荘 
    躯体の周囲にウッドテラスを設けた
継承される避暑のスタイル

避暑地として知られる軽井沢には、首都圏から気軽に足を運べる観光地となった今でも、長い歴史に培われた独特の別荘文化が根付いています。これからご紹介するMさん(七八)ご一家も、夏になると軽井沢の別荘に長期滞在するというライフスタイルを長年にわたって続けているご家族です。昨年の春、新たに土屋ホームの手による別荘が完成して、「夏だけでなく四季を通じて軽井沢を訪れる楽しみが増えました」とのお声を寄せてくださいました。

旧き良き時代から引き継がれている避暑のスタイル——それは、普段の暮らしの中では会う機会の少ない親戚や友人と、夏になると約束したかのように軽井沢の別荘に集い合い、交流を深め、思い出をともに刻むというもの。このスタイルは世代を超えて受け継がれ、新しい別荘には今、Mさんのお子さま方がご家族連れで訪れるようになりました。

「小さいころ、雑木林を散策して押し花をつくったのが懐かしい思い出ですね」と語るお嬢さま。近年は、プールで泳ぐなど遊び方も多様化していますが、ゆったりとした時間を過ごすスタイルには変わりありません。

でも以前と違うのは、紅葉の季節を一年の最後に翌年の夏まで、別荘を閉じなくてもよくなったことでしょう。土屋ホームの外断熱の建物なら、寒さの厳しい冬に訪れても快適に過ごせます。冬はリビングルームの暖炉に薪をくべて、夏とはひと味違う趣に。何より軽井沢の冬景色といったら、それは素晴らしいのだそうです。

広々ゆったり、大勢で集う

Mさんが、当社に新しい別荘をご用命くださったのは、十年ほど前に当社が軽井沢町にモデルハウスを開設したころから、寒冷地仕様の住宅に注目されていたからです。じっくりプランを練り上げて、「子どもたちと家族のために、大勢の人が集まれる別荘にしたい」という奥さまのご意向が反映したものになりました。

どの部屋よりも広々として開放的なのが、吹き抜け天井のリビングルーム。こちらのソファに腰掛けたまま、三メートル近い高さの大きな窓越しに、周囲に広がる白樺やモミジの雑木林を望むことができます。ダイニングにも特注の大きなテーブルセットを設置して、ゆったり食事ができるようにしました。さわやかな風が吹く日には、外でバーベキューも。躯体の周囲にウッドテラスを設けて、こちらでも集まって食事ができます。

食事づくりも大勢で、というわけで、キッチンも五、六人が一度に作業しても窮屈ではない広さに。IHヒーター、オーブン、食洗機など設備も充実しています。疲れを癒す浴室にはヒノキの浴槽を。湯につかったまま、窓越しにライトアップされた中庭の枯山水を望めるのが、何とも粋な計らいです。

こうした心地よい空間づくりが功を奏して、こちらを訪れるお客さまは、皆さん「すばらしい別荘」という感想を口にするのだとか。この別荘が末長く、ご家族・ご友人の交流の場として利用されますように——というのが、設計・施工に込めた当社の願いです。

PHOTO
  • 玄関土間とホール——上がり框の反対側にスキー用品などを収納するクロークを設けてある
  • ホールから裏庭の風景を望む 
    大きな窓枠が一枚の絵の額縁のよう
  • 吹き抜け天井で開放感抜群のリビングルーム 
    高級ブランド「カッシーナ」のソファを設置した
  • 大きな窓に囲まれたダイニングルーム 
    こちらには大型のテーブルセットを設置
  • ダークグリーンの扉がおしゃれなキッチン 
    オーブン、食洗機などの設備が整っている
  • 広々とした洗面化粧室と浴室 
    ヒノキの浴槽から窓越しに中庭を望める
  • 二階のホールから階下を望む 
    左手に暖炉が見える
  • 2階には3つの寝室を設けた 
    こちらはゲストルームとして利用
  • 天窓から光が差し込む2階の洗面室
  • 前庭に面したウッドテラスでは 
    大勢でバーベキューをすることも
ご注文をいただいて
軽井沢営業所長 山口浩文
【ご家族が集う別荘ライフを将来にわたっていつまでも】

軽井沢の別荘文化を何年にもわたって継承しているご家族の新たな別荘ですので、理想の形をいかに実現するか苦心しました。別荘は、利用してこそ価値が高まっていくもの。末長く足を運んでくださることを願っております。

モデルハウスを見に行く

施工事例検索

タイプ













エリア

  • モデルハウス
  • 分譲住宅・土地情報
  • 土地・中古住宅
  • 賃貸住宅