施工事例

家族が集う時間を大切に-LDKが20帖の平屋。
北海道札幌市 I様邸

注文住宅 シンプルモダン 平屋
  • リビング

    リビングとダイニング・キッチン合わせて20帖以上。天井も2.8mの高さなので開放感は抜群。
  • 外観

    スタイリッシュなデザインのお宅はオール電化の平屋。ゆったりとした雰囲気が外観からも伺える。
家を建てる
きっかけは?
収納扉を開けて地下室へ

平屋には、高齢の方が悠々自適に暮らす家というイメージがありますが、子育て中の若い世代にとっても、そのゆったりとした開放感は魅力的。これからご紹介するIさんのマイホームをご覧になって、平屋の良さを再認識する方も多いのではないでしょうか。
家族が集う時間を大切に

言うまでもなく平屋は、一つのフロアに必要な空間を配置するわけですから、何よりも間取りを工夫することが大切です。こちらのお宅は、道路から一歩奥まったところに玄関を造って、キッチン・ダイニング中心に居室を設けました。リビングルームと合わせて20帖以上の広さにしたのは、「家族がここに集って、一緒に過ごす時間を大切にしたい」というご要望を実現したものです。

とても機能的なのがキッチンに接した一枚板のテーブルです。これは、キッチンに対面するカウンターと、ダイニング用テーブルの両方を兼ねたもの。カウンターでは、お子さまが勉強をしたりパソコンをしたり。これも家族が個室にこもらずに、ここで一緒の時間をという思いが形になった、子育てに適した提案です。

「担当の樋口さんが、良いアイデアをたくさん提案してくれるので、何でも相談しました」とのこと。リビングルーム隣の部屋から出入りする地下室も、その一つです。

「平屋だけれど、階段も欲しいなあ」というお子さまの要望に、「じゃあ、秘密基地はどうかな」と樋口社員がご提案。完成したのが、天井高1.8メートル、広さ9.3帖の、収納も兼ねた地下室です。「秘密基地」というのは、地下室への入口がクローゼットの扉になっていて、その向こうに地下へと通じる階段があるとは分からないようになっているから。

これは、2メートルの高低差がある敷地の条件をうまく利用したもの。お子さまは、この「秘密基地」とリビングルームで、のびのびと遊んでいます。

明るい雰囲気が満ちる家

収納スペースは地下室だけではありません。「家具を置かないで、すっきりと暮らしたい」というご要望から、必要な個所に十分な収納が設けられています。カーポートには外周り用品を仕舞っておける外部物置を。リビングルームにも壁面収納がたっぷり。ランドセルや勉強道具もここに入れているそうです。

こうした収納だけではなく、家事動線が工夫されているのも、暮らしやすさにつながっているのでしょう。キッチン隣にユーテイリテイーがあるので家事がしやすく、こちらからも玄関へと移動できます。

また、ご夫妻が「イメージした以上の出来栄えです」と満足していらっしゃるのは、白とダークブラウンでコーディネートされた空間のデザインが洗練されているうえ、どこをとっても明るい雰囲気に満ちているから。

外からの光を採り込む窓は、それぞれの空間に合わせて位置や大きさを工夫しています。例えば、道路に面した寝室の窓は、目線よりも高い位置に。リビングルームには、2.8メートルの天井高の全面に、大きな窓を上下二枚設けました。玄関入って右手にも中庭を望める窓があります。

その中庭は、コンクリートの平板を敷き詰めて、バーベキューなどを楽しめる場に。こちらとは別に家庭菜園あこのほど整いました。マイホームで迎える初めてのシーズン、ご家族皆さんで、どんな作物を植えようかとあれこれ計画を立てていらっしゃいます。

PHOTO
  • キッチンとダイニング
  • 玄関アプローチ
  • 中庭
  • 玄関
  • 寝室
  • 洗面化粧台
  • ユーティリティー
  • 子ども部屋
  • 地下室(秘密基地)
ご注文をいただいて
土屋ホーム 札幌南支店
営業主任 樋口敏之
【「何でも相談」にアイディアでお応え】

ご夫妻が求めるマイホームと、実際に敷地を見て思い描いた平屋と共通する部分が多かったこともあって、お話合いは順調に進みました。ご夫妻からは、「アイディアをたくさん持っていて、何でも相談できる」というお言葉を頂戴して、嬉しく思います。ダイニングのほか地下室を特に気に入っていただいたようです。
ご家族とスタッフ

I様ご一家(後列は左から設計・篠田、営業主任樋口、技術課長代理・川上)

モデルハウスを見に行く

施工事例検索

タイプ













エリア

  • モデルハウス
  • 分譲住宅・土地情報
  • 土地・中古住宅
  • 賃貸住宅