施工事例

建坪100坪を超える二世帯住宅、念願の太陽光発電も導入。
北海道札幌市 D様邸・A様邸

注文住宅 ソーラーパネル 二世帯住宅
  • リビング

    2階のリビングルームは見上げるほど高い吹上天井。
  • 外観

    屋根に太陽光発電用のパネルが見える。
家を建てる
きっかけは?
親世帯と子世帯が一つ屋根の下に暮らす二世帯住宅は、必然的に建坪も大きくなりますから、当社では特に、使い勝手の良い間取りをご提案することを心掛けています。これからご紹介するDさん、Aさんのお宅は、組み込み式の車庫を含めると、建坪は100坪を優に超える大きな二世帯住宅です。築年数が経過したお宅を、建坪はほぼそのままに建て替えたいというご用命でしたが、昨年10月、ご家族皆さんのご要望がバランス良く融合したマイホームに生まれ変わりました。
太陽光発電を導入

設計担当者の工夫したのが、1階の水回りの位置です。こちらは完全分離型ではなく、玄関と1階の浴室を皆さんで使う二世帯住宅。ですから、階段のすぐ近くに浴室や脱衣室を配置して、2階のAさんご家族も移動しやすいようにしました。玄関や車庫の近くに水回りを設けてあるのも、外からの動線に配慮した結果です。

1階は階段室を中心とした回廊状の間取り。キッチンからも、家事室や洗面脱衣室前のホールを通って玄関に出られます。「水回りの動線を工夫してほしい」というご要望にお応えしたものですが、奥さまからは、「とても使いやすい」というお声もいただいています。

二世帯住宅

Dさんご一家と当社とのご縁は長く、施工させていただくのは、実はこちらのお宅で3棟目。札幌市内に嫁いだ二人のお嬢さまのマイホームも当社にご依頼くださいました。

そして今回はご自宅の建て替え。Dさんは「今度はこうしよう」という、強い思いを秘めていらしたようです。その一つが太陽光発電です。ここ数年、再生可能エネルギーとして注目が集まっていますが、Dさんは10年ほど前から、友人に勧められて「建て替える時は太陽光発電にしよう」と考えていたのだそうです。

新しくなったマイホームの屋根には、その太陽光発電用のパネルが。設置費用には国と札幌市の補助も得ることができました。リビングルームの一角に、毎日の発電量や消費量、累積発電量などを表示するモニターがあって、発電の状況がひと目で確認できます。お伺いした日は天気もよく、午前中ですでに2.6キロワットを発電していました。

発電量と消費量の収支については、「長いスパンでデータをとつてみないと分かりませんね」と、Dさんは慎重に我が家の省エネ度を測っているご様子です。大きなお宅ですから、電力自給率もさらに高めていきたいところ。将来は蓄電機を導入するか、あるいは車庫部分にも太陽光パネルを設置することも視野に入れているのだとか。今後も、ますますエコロジーが進んでいくことでしょう。

PHOTO
  • 玄関ホール玄関ホール
  • 玄関ポーチ玄関ポーチ
  • 1階のキッチン1階のキッチン
  • 1階のリビングルーム1階のリビングルーム
  • 1階の洗面脱衣室1階の洗面脱衣室
  • 1階の和室からリビングを望む1階の和室からリビングを望む
  • Aさんの寝室Aさんの寝室
  • トイレトイレ
  • 2階ホール2階ホール
  • 2階のキッチン2階のキッチン
ご注文をいただいて
札幌豊平支店 営業推進役
堀越良平
【ご家族のご要望をうまく融合させて】

当社がDさんご家族にマイホームをご用命いただくのは、こちらのお宅で3棟目となります。今回は建坪が100坪を超える二世帯住宅。ご家族皆さんのご理解がうまく融合して、住み良いマイホームになったのではないでしょうか。
ご家族とスタッフ ご家族とスタッフ

写真上:Aさんご夫妻(後ろは左から設計・阿部、営業・堀越、岩崎支店長-現在は札幌南支店長、施工・畑野、管理・西島)
写真下:Dさんご夫妻(1階のリビングルームで)

モデルハウスを見に行く

施工事例検索

タイプ













エリア

  • モデルハウス
  • 分譲住宅・土地情報
  • 土地・中古住宅
  • 賃貸住宅