施工事例

非日常の時間を楽しむ別荘を、リゾートホテルのイメージで。
長野県軽井沢町 M様邸

注文住宅 別荘
  • リゾートホテルのエントランスを思わせる玄関ホール。薪ストーブを設置した石張りの土間には茶話コーナーも
  • 逆方向に傾斜した屋根の外観は立ち位置によって様々な表情を見せる
雑木林の風景、枯山水の庭

セカンドハウスとして所有する別荘には、建主の好みや個性が色濃く反映するもの。ここでご紹介するMさんの軽井沢の別荘は、「都会の喧騒から逃れて非日常の時間を過ごす場所だから」と、内装に凝ったリゾートホテルのような雰囲気です。

まず玄関に足を踏み入れて目の前に広がるのは、ホテルエントランスを思わせる開放感抜群の吹き抜けホール。無垢材のベンチの背後に設けた石張り壁のギャラリーホールも、ロビーのような造りに。こちらには簡易の湯沸かし設備があって、来客をお茶でもてなすこともできます。

ダイニングはテーブルを置かず、キッチンを対面したカウンターにしたのも、非日常の演出の一つ。約5mの長さのカウンターに、ウォーターヒヤシンスのチェアを置いて、バリ島のリゾートの雰囲気にしました。昼間はおしゃれなカフェ、夜はホテルのバーにいるような感覚です。

このダイニングカフェの奥、フロアを一段上がったところにあるのがリビングルーム。壁一面のガラス窓に面したソファに座ると、目の前には軽井沢ならではの雑木林の風景が広がります。さらにもう一段フロアを上がったところに設けた和コーナーからは、浅間山の溶岩石でアレンジした枯山水の庭を望むことも。

ホームシアターに早変わりするリビングルームで映画を見たり、屋根付きウッドデッキのテーブルでお茶を飲んだり・・・・日常を忘れて別天地の時間を満喫できる別荘です。

天空回廊のような二階

一方、二階の造りはさながら天空回廊のよう。二つの吹き抜けにはさまれたホールに立つと、二階の三つの居室を結ぶ廊下が、吹き抜けの縁に沿って遠く延びて、まるで空中に浮かんでいるかのように見えるのです。

このように、室内に居ながらにして周囲の自然を眺められる場所がたくさん。ご家族は昨年4月に別荘が完成して以来、仕事の合間を縫ってはこちらに足を運んでおられます。

賑やかな避暑地の夏が過ぎ去って一転、あたりが森閑とする初秋。寒さが駆け足でやってきて木々が色づく晩秋は、リビングルームから眺める紅葉が見事なのだそうです。

冬に楽しめるのは、青空と雪、樹木が織りなす色彩のコントラスト。厳冬期には氷点下10度前後まで冷え込むこともある軽井沢ですが、当社の外断熱住宅なら、室内のどこにいても室温が一定で暖かです。こちらの別荘で過ごす初めての冬も、「寒さ知らずで快適ですよ」というお声を寄せてくださいました。

PHOTO
  • 飛石のスロープの先には玄関ポーチが。正面奥にはウットデッキが見える
  • 裏庭を望めるリビングルームは100インチのスクリーンを下すとホームシアターに早変わり
  • カフェの奥にある小上がりの和コーナー。中央に茶器などを収納できる囲炉裏が
  • 1階には吹き抜けのダイニングカフェを設けたオープン式階段が窓に沿って2階へと続く
  • ウッドデッキから望む裏庭。浅間山の溶岩石で独特の趣に
  • 屋根が大きく張り出したウッドデッキ。カフェやリビングからも出入りできる
  • 壁に伊豆石と檜を施工した浴室。大きな窓越しに雑木林の風景を望む
  • 2階のゲストルームは畳の小上がりを設けた和洋折衷に。小上がり下部の引き出し収納には布団をしまっておける
  • 2階の造りはさながら天空回廊のよう。階下の玄関ホールやダイニングが一望に
ご注文をいただいて
軽井沢営業所 所長 山口浩文
”風景の見え方にも配慮して積極的に様々なご提案を”

雑木林に囲まれた奥行きのある土地の条件を活かして、間取りだけでなく風景の見え方にも配慮しました。ご家族の皆さんが冒険的なアイディアにも共感して喜んでくださるので、積極的に様々なことをご提案させていただきました。

モデルハウスを見に行く

施工事例検索

タイプ













エリア

  • モデルハウス
  • 分譲住宅・土地情報
  • 土地・中古住宅
  • 賃貸住宅