施工事例

お子様の成長を描きながら、2階をLDKにしたアイディア
東京都世田谷区K様

注文住宅 3階建て 車庫組込み
  • 2階のリビングルームは吹上天井の天窓やバルコニーから光が差し込む
  • 外観は3連のスリット窓でシャープな印象に
何より明るいリビングを

注文住宅は自由に設計できる一方で、選択肢が多くて迷ってしまうという側面もあります。そこで、お客さまの目線で適切なご提案をさせていただくのが、私たち住宅のプロの役割ともいえます。昨年11月に新居が完成した東京都にお住まいのKさんからも、「ポイントを押さえて上手にアドバイスしていただいたおかげで、良い家づくりができました」というご感想です。

「まず何よりも、明るいリビングルームを」というご要望には、2階にダイニングやリビングルームを設けて、天井を吹上にするプランをご提案しました。傾斜した天井の天窓だけでなく、リビングルームやダイニングに面した南側にウッドデッキのバルコニーをつくったので、多方向から日の光が差し込みます。

ダイニングからオープン式の階段を上がっていくと、そこには約3.5帖の広さの空間が。「屋上を造りたい」というKさんのご要望で実現したものです。

屋外とのつながりを感じられる場所は1階にも。玄関から寝室へと続くホールに沿って洋風モダンな和室がありますが、ここには中庭を設けて外に出られるようにしました。モミジやシマトネリコの木が植えてある中庭。いずれはタイル敷きにして、素足で歩けるようにする計画とか。

それぞれの居室は、全体が白を基調にコーディネートされて、「すっきりとシンプルなデザインにしたい」というご希望に沿ったものです。

ロフトでつながる子ども部屋

Kさんが一軒家への住み替えを決断したのは、二人目のお子さまの誕生で四人家族になることがきっかけでした。ですから新居には、お子さまへの配慮も随所に見られます。

まず、リビングルームの一角に設けた書籍スペース。間仕切りのないオープンな造りなので、キッチンやリビング・ダイニングにいるご両親に見守られながら、造り付けのデスクで絵をかいたり本を読んだりすることができます。

またリビングルーム隣に設けた子ども部屋も魅力あふれる造りに。約10帖の居室の上部にロフトがあって、二か所のはしごを使って上り下りできるようにしてあります。将来、間仕切りをして二つの個室にしたときでもロフトを通じて両方の部屋を行き来できるというわけです。

1階の浴室やユーティリティーも余裕の広さに。二つのボウル付きの洗面化粧台を選んだのは、二人一緒にそれぞれの身支度ができるようにと考えてのことです。また、玄関近くに設けたシューズクロークや大型収納も、増えていくものを仕舞っておくのに便利でしょう。

でも、何よりのご家族思いの選択は、外断熱住宅にしたことかもしれません。家じゅうどこにいても室温が一定で、とても快適とのこと。寒さが本格化する時期に新居での暮らしが始まりましたが、必要以上に暖房のスイッチを入れずに過ごせると喜んでいただいています。

PHOTO
  • 2階にはウッドデッキのバルコニーを設けた
  • 大理石のテーブルを置いたダイニング。オープン式階段を上がると屋上に出られる
  • 広い作業台のアイランドキッチン。吹上天井の高いリビングを見渡せる
  • 1階には洋風モダンな和室を設けた。中庭にはシマトネリコやモミジの木を
  • 白を基調にコーディネートされた洗面化粧台。自動水栓の洗面化粧台が2つ並んでいる
  • 子ども部屋の上部に設けられたロフト。窓側の壁を明るいパープルのクロスに
  • 間仕切りをして2部屋にもできる子ども部屋。ロフトへ上がるはしごも2ヵ所に設けてある
ご注文をいただいて
千葉支店 営業担当 小沼 亮
”住み替え全般のご依頼に身を引き締めてお手伝い”

お住まいの売却・土地探しから新居の設計・施工まで、住み替え全般のご依頼に、身の引き締まる思いでお手伝いさせていただきました。ご夫妻には家づくりの過程で多くのお心遣いもいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

Kさんご一家。後列は営業担当の小沼社員(左)と設計担当の渡邊リーダー

モデルハウスを見に行く

施工事例検索

タイプ













エリア

  • モデルハウス
  • 分譲住宅・土地情報
  • 土地・中古住宅
  • 賃貸住宅