使い勝手、デザイン、遊び心-要望がすべてかたちになった

img02

大型車庫も独自工法を採用

土屋ホームでは、営業・設計・施工それぞれの部署が協力して、お客さまの思い通りのマイホームが実現するようお手伝いいたします。これからご紹介する札幌市のKさんと奥さまにも、本店の総力を結集して、「要望がすべて形になって大満足」と喜んでいただくことができました。

プランニングの際にKさんが条件の一つとして挙げたのが、「2台の大型車の入る組込み式車庫を。内部に柱を設けないで可能な限り広く」ということでした。そこで、「J─耐震開口フレーム」を最大限に活用することに。これは間口が広い大空間でも頑強な構造にできる技術です。

完成した車庫は、開口が約6m。内部も大型車のドアを大きく開いて乗り降りできる余裕の広さです。電動のオーバースライダー式シャッターを開けて車庫から出るときは、まるで基地から発進するという感覚なのだとか。

img03

こちらの車庫だけでなく、ホールや居室もゆったりと設計されているので、どこにいても余裕が感じられます。1階はダイニング・リビングルームと和室を合わせて30帖以上。「広いけれど、使い勝手がいいですよ」と奥さまが大満足なのは、家事動線に配慮して、キッチンから近い位置にユーティリティを配置したからでしょう。

img04

フラットオープンの対面キッチンは、手入れのしやすいオールステンレス製。その上品な質感がダイニングやリビングルームとも調和しています。

多目的室は大理石調の床

玄関ドアを開けると目の前に広がるのは、吹き抜けの階段室とタイル敷きのしつらえ。こちらは、「遊び心が感じられる空間を」というご要望から誕生したものです。担当者が、明るいご家族のイメージに合わせて、家に入った瞬間から自然な光がたっぷりと差し込むようにと工夫を凝らしました。

img05

もう一つ、遊び心のある場所が、階段を上がって右手に設けた約20帖のフリールームです。床には黒い大理石調フローリング。部屋の一角には、カウンター付きシンクが設けてあります。防音対策を施しているので、大音量で映画や音楽を楽しむこともできます。

img06

2階の個室は、それぞれ個性的にコーディネート。お嬢さまの部屋は、白い床材に合わせて一面の壁をフローリング柄に。ニッチの飾り棚には色違いのクロスをあしらって、とても愛らしい部屋になりました。寝室には壁に皮革風の化粧板を縦横に張って、洗練された印象に。オレンジ色の間接照明が柔らかな光を放ちます。こちらだけでなく、リビングルームや和室にも間接照明が使われて、どこを見てもデザインの美しいマイホームになりました。

最後に、ご夫妻が当社に依頼して良かったと実感している理由をもう一つ。それは、昨年秋に入居した当初から、家じゅうどこにいても暖かいこと。「これも『さすが土屋ホームさん!』と思いましたよ」と、ご夫妻は、当社の住宅性能の良さも高く評価してくださっています。

”担当者の総力挙げて笑顔で暮らせる家を”

img_15ご家族がいつまでも笑顔で暮らせる家に、という気持ちで、ご要望を一つ一つ丁寧に伺って形にいたしました。「自慢のマイホームです」と喜んでいただけたのも、設計・施工など担当者の総力を結集した結果だと思います。

担当:本社管理部 課長代理 田中直美

【資料請求フォームへ】