サポート・メンテナンス

キッチン

換気扇・レンジフード取りはずせない箇所はティッシュの湿布で落とす。

換気扇やレンジフードの清掃は、もっとも面倒なためおっくうになりがちです。でも、油汚れを放置すると汚れは固形化して、一層落ちにくくなります。定期的に清掃しておけば手間も半減します。

まず、掃除を始める前に、感電防止のために必ず電源を切ります。取りはずしたガードや羽根などは、油汚れ専用洗剤を直接塗ってしばらく放置して汚れを浮かしてから拭き取ります。 取りはずしできない部分は、布に同じ洗剤を含ませて油汚れを拭き取ります。ガンコな汚れには、ティッシュに洗剤を含ませ湿布をする要領でしばらくかぶせておきティッシュとともに拭きとります。

スイッチのひもやコードも同じ要領できれいになります。換気扇は、汚れがひどくなると、排出能力までダウンします。気がついたら汚れを落とすようにしましょう。

ステンレス流し台・シンク洗剤はステンレス用を使い水分を十分拭き取る。

ステンレスはサビないものと思いがちですが、サビるステンレスもあります。冷蔵庫の表面のように磁石がくっつくのは、18ステンレスといってサビが発生します。

ステンレスのシンクやカウンタートップはお手入れを怠り濡れたままほっておくと、水分は蒸発しますが塩素は白っぽく浮いて残ります。ステンレスは塩 素に弱い性質があり、キズに入り込むとすぐにサビてしまいます。クレンザーなどの洗剤もゴシゴシこすると、かえってキズを作ることになります。クレンザー でも粒子の細かいタイプを使うなど意外と使ってはいけない洗剤が多く、ステンレスに使える洗剤を確認して使うようにします。

最もいいのがスポンジなどでよく水洗いし、塩分などが残らないようにすることです。このとき注意したいのが、ステンレスのすじ目にそって1方向に磨くことです。洗い流したあとは、水気を十分に拭き取りステンレス・メッキクリーナーなどでお手入れすれば完璧です。 またステンレスはもらいサビをするので、包丁などの異金属を置いておくとサビの原因となりますので充分に注意しましょう。

ホーロ一・人造大理石流し台中性洗剤をつけてスポンジなどでお手入れを。

ガラスの皮膜でできているホーローは衝撃に弱い性質があります。ですからホーローのシンクには、ゴム製のマットを敷き鍋や食器などで傷をつけないようにします。

お手入れは、スポンジや柔らかい布に中性洗剤をつけて洗うだけでOKです。ナイロンタワシやクレンザーは、表面を傷つけてしまいますので、使わないでください。人造大理石カウンターも同様のお手入れをしてください。

ガスレンジレンジが温かいうちに汚れをすぐに拭く習慣を。

ガスレンジのお手入れのポイントは、汚れはすぐに拭きとることです。煮こぼれや油はねなども、熱いうちならすぐきれいになります。しかし、同じ汚れ でも冷めてこびりつくと、なかなか落ちません。そんな汚れは、洗剤をかけてしばらく放置し、汚れを浮き上がらせてから拭き取るのがコツ。

さらにガンコなら住宅用洗剤やレンジ・換気扇用洗剤の原液をかけ、ティッシュで湿布する要領でしばらく置くとさらに効果的です。ガスホースのベトベトもこれでOKです。またガス栓のコック部分は、歯ブラシを使うと見違えるようになります。

それでも、一週間に一度は全体を掃除しておきたいもの。ほとんどの汚れはソフトクレンザーで落ちますが、頑固な汚れはソフトクレンザーと油汚れ専用 の洗剤を併用します。なかでも、受け皿はとくに汚れやすいので、あらかじめアルミ箔のマットを敷くか水を張っておくなどしておきます。

流し前タイルタイルははがれたままに放置しない。

タイルの目地にこびりついた汚れは、古歯ブラシにクリームクレンザーをつけて軽くこすると効果的です。そのときに、もう一方の手で熱い湯で絞った布で拭い ておけばきれいに仕上がります。またタイルは一枚はがれると2枚3枚と続けてはがれてきます。早めに補修するようにしましょう。

流し前壁・パネル頑固な汚れにはティッシュペーパーの湿布で。

油や水しぶきはそのつど拭き取る習慣をつけましょう。頑固な汚れにはティッシュペーパーを張り付け住宅用洗剤をスプレーし、パック状態に湿布して15分ほど待ちます。汚れがゆるんだら熱い湯で絞った雑巾で拭きとり、から拭きで仕上げます。

バーナー・五徳の掃除ワイヤーブラシでこすり落とす。

汚れたバーナーや五徳は、ワイヤーブラシでこすり落とします。バーナーの穴は、キリや竹串などを差し込んでゴミを落とします。クレンザーを使う場合は、バーナーの穴が目詰まりしないようにし、水をしっかり拭きとってから取りつけましょう。

  • モデルハウス
  • 分譲住宅・土地情報
  • 土地・中古住宅
  • 賃貸住宅