サポート・メンテナンス

窓・内健具

樹脂サッシ薄めた家庭用中性洗剤を含んだやわらかい布で拭く。

樹脂サッシは、酸やアルカリに強い性質を持っていますが、ベンジンや石油、ガソリン、シンナーなどの有機溶剤には弱いので決して使用しないでください。また高熱で変形したりしますので、アイロンやストーブにも注意しましょう。

清掃には薄めた家庭用中性洗剤を使い、やわらかい布で拭き取るようにします。また固いブラシは樹脂に傷をつけますので注意しましょう。また気密性の高いサッシですので換気には十分に気を付けましょう。

アルミサッシ強い洗剤やブラシには要注意。

アルミサッシは、強い酸やアルカリなどの洗剤に弱く、またワイヤブラシなどでこすると傷がつきますので十分に注意しましょう。

サッシブラシか使い古しの筆などを使い、下のレールの固まったホコリをほぐし、細いノズルをつけた掃除機などで吸い取ります。次に、薄めた住宅用洗 剤を使って全体を拭き取り、その後ワックスを塗っておくとサッシが長持ちします。軍手にワックスをつけて、レールの入り組んだところに塗り付けると行き届 きます。

また開閉がスムーズでない時は、サッシの枠のキャップをはずし、なかの調整ネジをドライバーで調整します。右へ回せばサッシは上がリ、左へ回せば下がります。

網戸大きめスポンジで両側から挟むようにホコリを取る。

網戸は汚れたままにしておくと腐食を早めますので、年に1度はお手入れしましょう。大きめのスポンジを、網の両側から挟むように動かしてホコリを取 り除くようにします。その時、網目がずれたり桟からはずれないように注意します。その時、住宅用洗剤を薄めた水をひたして使うとさらに効果があります。

その後に、網目全体を水で洗浄し乾いた布で水気を拭き取ります。網戸を使わない冬季間ははずしておくたけでも、ずいぶんと長持ちしますので実行しましょう。

また開閉がスムーズでない場合は、網戸の下端の両面にある調整ビスをプラスドライバーでゆるめ、網戸を上下させ調整します。

窓ガラス/透明ガラス意外にきれいになる新聞紙でのガラス磨き。

ガラス磨きは晴れている時よりも、曇っている時のほうが適度な湿気があって汚れがよく落ちます。

まず住宅用洗剤を薄めたお湯で大まかに拭いて、次に乾いた布や専用のゴムベら(クルマのワイパーでも可)でしごくように水分を取り除きます。なお、繊維がガラス面に付着しやすい布のかわりに、拭きとリの時に新聞紙で磨くと見違えるようにきれいになリます。

クレセントが掛かりにくい時掛かりの悪いクレセントは調整でスムーズに。

クレセント(サッシのカギとなる部分)とその受けのネジを調整します。タイプによっては、取り付けネジが上のみのものもあリますが、調整の方法は同じです。取り付けネジをゆるめ、上下にスライドさせます。

内建具の表面材柔らかい布でから拭きをします。

表面材のツヤがなくなったり、はがれたリする恐れがありますので、水拭きは避けてください。柔らかい布でから拭きが基本です。またシンナー、ベンジンなどの溶剤の使用も変質、変色の原因となりますので使用しないでください。

カーテン季節の変わり目などにはクリーニングに出す。

ふだんは掃除機の丸ブラシなどを使って、ホコリを落とすだけで十分です。しかし季節の変わリ目などには、なるべくクリーニングに出すようにしましよう。素材やデザインによっては縮んだりドレープがとれたりしますので、品質表示は必ずチェックしましょう。

室内ドア蝶番のネジのゆるみをチェック。

ふだんのお手入れとしてはから拭きをこころがけ、水拭きは表面仕上げのツヤを無くしてしまいます。また汚れ落としにはシンナーやベンジンを使わないようにします。また月に一回は蝶番に防サビ潤滑剤をスプレーしてください。

またドアがスムーズでなかった場合は、ネジがゆるんでいないかチェックします。

障子・桟柔らかいブラシ等で上から順にホコリを払う。

障子や桟はハタキまたは大きめの柔らかいブラシで、上から順にホコリを払ってください。あまり強くこすると、紙が毛羽だってしまうので注意しましょう。また桟は白木が多いので、科学雑巾は使わずに引き手まわりの黒ずみはアルコールか住宅用洗剤でそっと拭いてください。

障子の貼り方
  1. まず、障子紙をはがします。桟の出ていない方に、ハケや霧吹きでたっぷりと水を含ませます。糊がふやけて紙がはがれやすくなるまで、しばらく放置しておきます。
  2. ゆっくりと紙をはがし、桟を濡らしたり、雑巾で拭いて、糊や汚れを取ります。外に出してバケツで水をかけ、障子をゴシゴシ洗ったりする場合もあるようですが、桟がガタつく原因になるので避けた方が無難です。
  3. 乾いたら糊を塗りますが、糊はおも湯くらいの硬さが適当です。素人はハケよりもローラーで塗ると簡単に上手にできます。
  4. 次に、まわりに長い角材を当てながら、余分な障子紙をカッターで切り落としていきます。
  5. 糊が乾いてきたら、桟のある方の障子紙に薄く霧吹きをします。乾いたら紙がピンと張ってきます。
  • モデルハウス
  • 分譲住宅・土地情報
  • 土地・中古住宅
  • 賃貸住宅