サポート・メンテナンス

トイレ

便器一日一回の中性洗剤での水洗いを習慣づける。

毎日、中性洗剤を使った水洗いを心がければ大半の汚れはきれいになります。頑固な黄ばみや水あかなどのブラシで落ちない汚れは、漂白剤を染み込ませ たティッシュペーパーで、しばらくパック状態に湿布するか、または粉石けん、ソフトクレンザーを同量に混ぜたものでこすり落としてください。この際、浄化 槽を使用しているところでは、便器のたまり水をかきだし、ぼろ布などを棒にまきつけて穴をふさぎ、洗浄剤を流さないように注意しましょう。

洗剤は、アルカリ性洗剤や塩酸を使うと便槽や排水パイプを傷めますので絶対に避けてください。必ず中性洗剤を使うようにします。洗剤分をしっかり取り除くように心がけ、掃除のあとにカビ防止オイルを吹きかけておくと完璧です。

また冬季間に長期旅行などで家をあける場合、ロータンクの水を完全に抜き、便器内のたまり水に、不凍液を入れておくと便器割れの防止になります。

便座酸性やアルカリ性の洗剤クレンザーなどは使わない。

普段から乾いた布で拭くようにし、汚れがひどいときは薄めた食器用中性洗剤を含ませた布で拭きます。その後、乾いた布で水気を拭き取ってください。

消毒には、消毒用石けんを適量に薄めて拭きます。酸性やアルカリ性のトイレ用洗剤、ベンジン、シンナー、クレンザーやタワシなどは、便座を傷めますので絶対に使用しないでください。特にプラスチック製の便座が多いので、取り扱いには注意しましょう。

便座うらにあるゴム製のショック材は尿などが付着すると変色します。便器に付いた尿を拭き取ってから便座をおろすようにしましょう。

貯水タンクもしもの際に備えてタンク内の構造を知っておく。

水洗タンクの中には、給水を止める白い浮き玉と、タンクの水を便器に流す弁の役目をする浮きゴムが納められています。

浮きゴムは、レバーからクサリでつながって操作されます。もしタンクの水が出なくなったら、タンクを開け水が溜まっているようでしたら、レバーと浮きゴムをつないでいる鎖が切れているかたるんでいないかチェックし、新品に替えるか調節するかします。

タンク内に水が無い場合は、浮き玉が正常な位置にあるか確かめます。浮き玉周辺の部品に汚れやサビがあって正常に機能しない場合があります。ブラシなどで汚れを取り除きましょう。

また万一、故障してタンクヘの給水が止まらまくなった場合は、タンクの中のオーバーフロー管を通って水が便器に流れます。

床の臭いや汚れは薄めた漂白剤で拭き取る。

通常は水拭きとから拭きでOKです。ただビニール張りの床の場合は、ときどき水性ワックスで油分を補給してください。子供が小さい家庭で、尿のこぼれによる床の汚れや匂いが気になるときは、漂白剤を薄めた液で拭き取るようにします。

  • モデルハウス
  • 分譲住宅・土地情報
  • 土地・中古住宅
  • 賃貸住宅