新モデルハウス【北海道の家。】~LDK内装仕様編~

土屋ホーム 関東・甲信エリア

いよいよリビングルームへ進みます。

第十四話。家の中で一番過ごす時間が長いのがリビングではないでしょうか。そのせいか色決めが進んでいくと自然とこだわりの優先順位も高くなってきます。「好きな色」や「好きな雰囲気」はどんなイメージでしょうか。私もリビングルームの色決めは「温かみと暖かみ」をコンセプトに一番力を入れたかもしれません。

LDKの内装は?

 色決めをしていく中で「優先順位」が大事になってきます。もちろんイメージ通りに全ての素材が選べれば良いですが、なかなかそうもいきません。理由は【コスト】です。家の何処をメインにして【コスト】を掛けていくのか…。息詰まってしまった時は是非担当者へご相談下さい。言葉を交わす事で違う発想が浮かぶかもしれません。

①、造作鉄骨階段

 リビングへ入った瞬間の予想イメージです。まず「LDK約24帖という広さの奥行感」。そして「造作の鉄骨階段。」から「3帖と階段の吹抜けへ。」という風に開放感と広さが伝わると思います。そして鉄骨階段と柱のアクセントクロスがワンポイントとなり印象に残る。そんなイメージでこの造作鉄骨階段を選びました。

・全て特注品
⇒既製品では難しかった為、特注で仕上げてもらいます。

②、照明

 照明プランを参考に色決めは進んでいきます。こちらは作成していただいたプランボードです。

・リビング側はダウンライトへ
⇒天井をスッキリさせる為埋め込み型の照明器具へ。

・ダイニング、キッチン側は小型のシーリングタイプへ
⇒ダイニングテーブルは将来の家族構成に合わせて変わる可能性もあります。柔軟に対応出来るようにこのタイプにしました。

補足編

・吹抜けがあると寒いの?
⇒長野モデルハウスも大きい吹抜けがありよくご質問をいただきます。何故寒いのでしょうか?答えは簡単です。「断熱、気密、換気」のバランスが悪く性能が低下してしまうからです。「寒くて当然。」と思っている方は是非築十数年経っても暖かい長野モデルハウスまでお越し下さい。

・下地について
⇒住んだ後のイメージになるので難しいかもしれませんが、例えば「テレビを壁掛け」にしたり「飾り棚」や「大きい鏡」を後から付けようとしても柱【下地】が無い箇所への設置は強度が弱いので難しい事があります。「将来こんな事を…」なんて思いつきがもしあったらお気軽に担当者まで。

吹抜けがあっても寒くないと言える自信。

 一番は私自身が住んでいるからです。が、まだ築数年。暖かく性能が良いのは当たり前かもしれません。そこで私達は実際に住んでいる方のお家の見学会【オーナー様宅拝見会】を開催しております。数年から数十年住む事で分かる実際の住み心地や変わらない性能力、暖かさについてなどの率直な感想を直接オーナー様から聞く事が出来る見学会です。こちらも随時ご案内しておりますので、お気軽にお問合せ下さいませ。

詳細はお気軽にお問合せ下さい。

内覧(施工現場のご案内)やイメージ図のご紹介やご提案をしております。また現在の状況を鑑み安心して家づくりのご相談が出来るように【モデルハウス完全予約制&完全プライベート見学会】と【オンライン個別相談会】も受付しております。

■完全予約制のご案内はこちら
⇒https://www.cardinalhouse.jp/voice/conserge/onodera-m/9844/

■オンライン個別相談会はこちら
⇒https://www.cardinalhouse.jp/voice/conserge/onodera-m/10551/

注意事項
1.ご来場の時には手指消毒用の消毒液を設置しておりますので、ご使用をお願い致します。
2.発熱。咳やくしゃみといった症状のある方はご入場をお断りさせて頂く場合がございます。
3.スタッフはマスク着用や手洗いうがいを徹底し、発熱等の症状がみられる場合には自宅待機等の事前対策をしております。
4.状況によってはスタッフが白手袋を着用しご案内する場合がございます。
※掲載の写真やパースについてはイメージ画像や参考画像になりますので実物とは異なる可能性がございます。
※商品やカタログが入れ替わる事もある為、掲載資料等と相違の場合がございます。

INFORMATION

お申込みフォームはこちらから
送付先・ご連絡先を入力してください