2拠点生活のお問合せが大変増えています

カーディナルハウス 関東・甲信エリア

コロナ過で注目、2拠生活

昨年から、東京都を離れ、地方にマイホームを新築し、2拠点生活をされる方のお問合せが多くなりました。これは、コロナ過でテレワークは一般化し、会社への出社をしなくても業務が行える状況になったためだと思います。
以前の2拠点生活は、平日は東京で仕事を行い、週末は地方で休日を楽しむデュアルライフを実践している一部の方のライフスタイルでしたが、そんなライフスタイルが、コロナ過でより一般的になったためだと思われます。

コロナ過でワークスタイルも大きく変わり、会社に出社しなくても仕事が行える状況になったことで、働く場所がオフィスから自宅になりました。そうなると、自宅で仕事を行う環境を整えよう、もっと家族が安心して暮らせる場所に住みたいと、思うのは自然な事かもしれません。

東京から地方へ、家族が安心して暮らせる場所へ!!

  • ×

昨年年末ぐらいから、東京から離れて地方に新築される相談が大変に多くなりました。
その多くが、一般の会社員の方で、テレワークで会社への出社が週2回程度、その他は自宅でテレワークをしている方でした。
そうなると東京で暮らす必要がなくなるため、家族が健康的で安心して暮らせる場所として、地方にマイホームを新築したいとお問合せが多くなっています。

お問合せで一番多いのは、東京から電車や新幹線で1時間程度の場所で、土地と建物を新規で購入したいというお問合せです。
場所は、ご夫婦どちらかの実家近くで計画するという方が多いようです。栃木県や長野県でのご新築のお問合せは本当に増えています。

土屋ホームは北海道が本社の住宅メーカーなので、北海道への移住のお問合せも増えてきています。
今までの移住というと、東京での仕事を辞めて、移住先で仕事を探すという方が多かったですが、今は東京で仕事をしながら、北海道で暮らす移住者からのお問合せも多くなっております。

また、軽井沢や那須などのリゾート地での新築のお問い合わせも増えています。これもテレワークによる働き方が変わったためかもしれません。

2拠点生活をご計画のお客様のマイホーム新築のご相談を受け付けております

  • ×

土屋ホームでは、そんな2拠点生活をご計画のお客様のマイホーム新築のご相談を受け付けております。首都圏で暮らしながら、地方でマイホームを新築するには、様々なメリット、デメリットがありまますので、是非お気軽にお問合せ下さい。

土屋ホームでは、コロナ過の中、実際にお会いしての打ち合わせが出来ない方も多く、現在オンラインでの打ち合わせも受け付けております。
こちらよりお申込みできますので、是非お申込みください。
「オンライン相談のお問合せ」

お問い合わせ
送付先・ご連絡先を入力してください