「創エネ」が暮らしを変える 太陽光パネルについて

土屋ホーム 関東・甲信エリア

「創エネ」が暮らしを変える 太陽光パネルについて

災害による被害が大きく目立つ近年、「創エネ」という言葉が注目されています。
「創エネ」とは、エネルギーを創ることで、もっとも代表的なのが、太陽光発電システムです。
太陽光によって自宅で作った電気を自家消費することで光熱費が削減されるほか、災害による停電時等にも蓄電した電気を使えて安心など多くのメリットがあります。
最近では街中でも家の屋根に太陽光パネルを設置している家が増えてきました。環境にも、そして、節約にも大活躍な太陽光発電システムについて、ご紹介いたします。

太陽光発電システムとは

太陽光発電システムとは太陽から降り注いだ光エネルギーを太陽光パネルで吸収し、パワーコンディショナーと呼ばれる機械によって、電気エネルギーへと変換して利用する仕組みの事です。
太陽光発電システムは従来の原子力発電のように危険性が少なく、火力発電のように二酸化炭素の排出もないので、安全かつ地球温暖化を防ぐ、人にも地球にも優しい次世代エネルギーとして注目を集めています。

太陽光発電システムのメリットとしては、環境にやさしいことや家庭にうれしい光熱費の節約につながることなどが挙げられます。
太陽光発電で使用されるエネルギー源は半永久的に降り注ぐ日光であるので持続可能なエネルギーでありますし、別のエネルギー源に頼らないので原料枯渇の心配がありません。一般家庭でも環境保全に大きく貢献できる設備ではないでしょうか。
また、2つ目の光熱費について、太陽光発電システムを導入した家庭では、自家発電によって電力を賄うため、従来電力会社に支払う電気代の節約が可能です。
オール電化にすることで、従来のガス代も含めて太陽光発電で賄えるのでより節約できます。さらに、発電されたが使われなかった余剰電力は、電力会社に買い取ってもらうことができるのでさらに家計に優しい設備といえるのではないでしょうか。

デメリットとしては、日射量が少ないと発電する量が減ってしまうことですが、季節によるものであれば、余剰電力の売電が多い時からの収入等で賄うことができるので、特段マイナスになることはないかと思われます。しかし、地域や立地によっては設置するかを検討する必要があるので注意しましょう。

ランニングコストを考えても大変メリットがあります

いかがでしたか?
太陽光発電システムは初期費用が目立ちがちですが、数十年暮らす住宅のランニングコストを考えたら非常にお得で環境にも優しいシステムといえます。また、近年災害による被害が深刻な日本において、家庭における蓄電システムは注目を浴びています。ぜひ検討してみてください。

土屋ホームでは太陽光パネルをお得に設置できる「ソーラーエネカリ」というサービスを行っております。
9月は「住まいるパーク柏の葉」と「土屋グループ銀座ショールーム」でセミナーを行いますので、興味のある方は是非参加してください。

住まいるパーク柏の葉「ソーラーエネカリセミナー」
初期費用0円で太陽光パネルが設置できる「ソーラーエネカリ」説明会

土屋グループ銀座ショールーム「ソーラーエネカリ銀座セミナー」
ソーラーエネカリ銀座セミナー・助成金を利用して太陽光発電システムをお得に設置しませんか!

INFORMATION

資料請求
送付先・ご連絡先を入力してください