~安心できるくらしのための家づくり計画10か条~

土屋ホーム 関東・甲信エリア

夏の暑さが過ぎ去り、食欲の秋、読書の秋…ちょっと寒い秋となっています。
栃木県は朝晩の温度差が大きく体調を壊している方もちらほら

北海道生まれの安心できる暖かい住宅はいかがでしょうか?
失敗しない住宅づくりのために知っておいていただきたいことについて投稿していきたいと思います。

【安心できるくらしのための家づくり計画10か条】

少しずつわかりやすく10に分けてお送りいたします。

No.1 パートナーを見つけよう~信頼できる会社とは~
No.2 お金のこと
No.3 工事の流れ
No.4 土地のこと法律のこと
No.5 間取りについて
No.6 省エネを考える
No.7 安全な住宅とは
No.8 大工さんによって造られる
No.9 建てた後
No.10 泊まって感じよう

プロローグ~コロナ禍で世の中が変わっても変わらないこと~

日本の住宅はかなり昔、日本の風土を生かし、夏涼しい家がいいとされていました。
よって家自体に隙間があり、窓の多い風通しのいい家が造られてきました。

少し前は、冬暖かい家に変わって、
最近は夏涼しく冬暖かい家が求められるようになりました。

また、昨今のコロナ禍で注目されるようになったのが『換気』です。
おうちで過ごす時間が増えたことで、食生活の変化、働き方、家での時間の費やし方に大きな変化など_。

価値観の変化では、健康面への意識の変化のほか、好きなことへ打ち込む時間を増やすなど、
心豊かに過ごすことが意識されるようになりました。

お家は、
『どこで建ててもそれほど変わらない…』
けして、そうではありません。

その都度の変化により統一性がなく、本当の意味での安心できる家づくりとなっていないのです。

世の中が変わっても変わらないこと

それは、住まう家族にとってもお家にとっても健康で自然な空気感で長持ちする、安心できる家づくり
お家に帰った時ほっとする。

そんなお家はいかがでしょうか?

次回は、No.1パートナーを見つけよう信頼できる会社とは です。

INFORMATION