寒い冬を暖かく暮らす「外断熱の家」 柏の葉モデルハウス

土屋ホーム 関東・甲信エリア

寒さが厳しいこの時期だからしっかり考えたい・・・快適な室内環境について

寒い冬を快適に暮らすために、大きなエアコンを設置したり、ファンヒーターを購入したりと様々な工夫をしていると思います。ただそれではトイレや脱衣室が寒く、それぞれの部屋ごとの温度差もあり快適な暮らしの実現とは言えません。

これから新築やリフォームを検討されるのであれば、冬を暖かく暮らすために断熱性能の向上が最も重要です。

最近はZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)住宅などの普及に伴い、省エネやエコ住宅が全国的に注目が高まり多くの住宅メーカーが、暖かい家づくりに取り組んでいます。

寒さを感じず、快適性を実現した、土屋ホームの外断熱工法

土屋ホームでは創業以来、1年を通して快適な室内環境にするため、高気密高断熱住宅の普及に取り組んできました。とくにこの寒い時期は土屋ホームの「外断熱の家」は家中どこも暖かく、寒さを感じない家づくりが出来ています。

千葉県柏市の住宅展示場「住まいるパーク柏の葉のモデルハウス」は、外気温がマイナスでも1・2階とも室内は25℃~26℃とほぼ一定で、トイレも玄関も1階のリビングも2階の寝室やロフトまで温度差が少なく生活することが出来ています。

その快適性を実現しているのが、土屋ホームの外断熱工法です。

外断熱工法のメリット

外断熱工法は、構造躯体を外側からすっぽり包み込むため、断熱性能に部分的なバラつきがありません。

グラスウールを使った充填断熱の場合、柱や間柱の木材部分は断熱材に比べると断熱性能は3分の1から4分の1に減少します。

柱や間柱、筋交いなどの木材部が熱橋となり外気の影響を受けることもあります。

またグラスウールの施工はバラつきや、経年変化による断熱効果の減少も心配です。

土屋ホームの外断熱工法「BES-T構法」は、オリジナルの押出法ポリスチレンフォーム「SEベストボード」を躯体の外側にすき間なく張ってあるので、木材部が熱橋になる事がなく、施工性に優れているためいつまでも断熱効果を持続します。

これにより、外気温に影響されにくく夏は涼しく、冬暖かい室内環境が実現しています。

さらに、光熱費の削減もできるので、快適で省エネを実現しています。

外断熱工法は建物耐久性能も高めます

外断熱の断熱材として使われている「SEベストボード」は、すき間なく連続した断熱効果が得られるうえ、湿度に強く壁内結露を起こしにくい素材です。

外壁との間に通気層を設けているので、湿気は通気層を通って排出されます。

また、基礎断熱としているため、床下の温度と湿度が季節を通して安定しています。

こうした相乗効果によって、木材の腐朽菌発生を抑え、構造躯体の耐久性を高めています。

暖かさを体感「ナイト見学会」柏の葉モデル

土屋ホーム柏の葉モデルハウスの温かさを体感しに来ませんか!

お問合せいただいたお客様をナイト見学会にご招待しています。

19時、モデルハウスに来ていただき家族で2時間ほど過ごしていただきます。

寒い冬、室内では靴下もはかず、足元から暖かさを体験してください。

この時期しかできませんので、お気軽にお問合せ下さい。

INFORMATION

会場 土屋ホーム柏の葉モデルハウス
住所 柏市新十余二15-2 住まいるパーク柏の葉
TEL 0800-123-0228
申込み ナイト見学会希望の方は事前に応募フォームからお申込みください

MAP

お申し込みフォーム
送付先・ご連絡先を入力してください