施工事例

「五層の家」で生活空間を広く、家事がはかどる水周りに工夫
群馬県渋川市 K様邸

oneMORE(ワンモア) シンプルモダン スキップフロア
  • ダイニングよりも床が低いリビングルームは天井の高さが際立ってとても開放的。
  • 約160坪の敷地にゆったりと立つマイホーム、白い外壁が周囲の緑や青空にも映えて。
開放的なリビングルーム

当社がご提案している多重層の家「ワンモア」は、特に中二階のフロアを多目的に有効活用できる利点があります。今回ご紹介する群馬県にお住まいのKさんご一家も、中二階を「蔵」のような感覚の収納スペースにして、そのぶん生活空間を広く確保したいと考え、「ワンモア」のマイホームを選んでくださいました。

1階は、リビングルームの床高を玄関ホールと同じくして、キッチンやダイニングのフロアをリビングルームよりも2段高くしました。こうすることで、リビングルームの天井が通常よりも高く開放的に。さらに段差のあるフロアが目線の変化をもたらして、「ワンモア」ならではの、とても個性的な空間になりました。

一方、2階には5層目のフロアとして、ホールから4段ほど階段を上がったところに5帖の個室が。こちらは将来、勉強部屋の一つとなる予定ですが、現在は三人のご兄弟が寝室として使っているそうです。2階にはこの部屋のほか、間仕切りすると2つの個室として使うことのできる子ども部屋もあります。こちらには鮮やかなオレンジ色のカーテンを選んで、とても明るい印象の部屋になりました。

中二階の4帖半の収納だけでなく、階段下やキッチンの床下など、必要な場所に便利な収納が設けられているのも、スッキリと暮らせる理由の一つでしょう。玄関入って左手には、靴やコートなどを仕舞っておけるシューズクロークも。玄関まわりをいつも、きれいにしておくことができます。

白を基調のシンプルモダン

ご夫妻が当社にマイホーム新築を依頼してくださった理由がもう一つ。それは、営業担当者の人柄とのことでした。「無理に『営業』をするのではなく、自分たちの気持ちが決まるのを待ってくれました」とご夫妻。担当者は、お二人それぞれのご要望を伺ってバランスをとったご提案を心がけました。

家づくりは順調に進み、完成したのは、外観も室内も白を基調にシンプルモダンにコーディネートされたマイホーム。デザイン性の高さに加えて、キッチンを中心とした水まわりの配置を工夫して、暮らしやすい新居となりました。

たくさんの洗濯物を干すことのできる家事室(ランドリースペース)は、奥さまのお気に入りの場所とのこと。家事動線に配慮して、家事室と洗面脱衣室、キッチンを回遊できるようにしてあります。また、家事室からも出入りできるテラスを造り、こちらにも洗濯物を干せるように目隠しの壁を設けたのも、営業担当者のご提案の一つです。

新居での暮らしも一年が過ぎようとしていますが、住み心地についても、「夏は涼しく冬は暖かく、一年を通して快適に過ごしています」とのこと。当地は特に冬の風が強くて冷たいそうですが、室内は、暖房をフル稼働しなくても十分な暖かさに。住宅性能の高さにも、ご夫妻は「建ててよかったと心から思える家」と、たいへん喜んでいただいています。

PHOTO
  • 玄関ポーチにはおしゃれなベンチ花壇には枕木をあしらってある。
  • 玄関土間からホール方向、ホールに明かり採りが設けられている。
  • 玄関ホールから外を望む。
  • ダイニングルーム。
  • オープン式の対面キッチンと白い一枚板のテーブルを設けたダイニング。
  • 琉球畳を敷いた洋風デザインの和室、窓にはプリーツスクリーン。
  • 2階ホールから数段上がったところに5層目となる5帖の個室がある。
  • オレンジ色のカーテンが鮮やか、2つの個室にも分けられる子ども部屋。
  • ウォークインクローゼットを設けた寝室。左手の収納には手芸用の布や道具をしまう。
  • 和室のとなりの客間にも収納がたくさん。布団や雛人形などがしまわれている。
ご注文をいただいて
群馬支店 営業リーダー 小渕仁
”デザインも間取りもご夫妻の要望が融合”

奥さまのご実家の建て替えでしたので「満足のいくマイホームに」という思いでお手伝いさせていただきました。ご夫妻それぞれのご要望がバランスよく融合して、シンプルモダンなデザインで生活重視の間取りが実現しました。

Kさんご一家(左は営業担当の小渕リーダー)

モデルハウスを見に行く

施工事例検索

タイプ













エリア

  • モデルハウス
  • 分譲住宅・土地情報
  • 土地・中古住宅
  • 賃貸住宅