ABOUT土屋ホームの特徴

永く快適に
住み続けられる住まい

私たちの家づくりは、
環境変化の厳しい北海道から始まりました。

北海道の厳しい環境であっても
「上質な住み心地」と
「揺るぎない安全」をお届けする。
そして、「安心の自社大工」※1による
家づくりで、確かな品質を約束する。

その思いは今日も変わる事なく、
そして、
家づくりは今日の最高の技術を駆使して
「永く快適に住み続けられる住まい」を
全国のお客様へお届けしてまいります。

お客様にとって
おそらく一生に一度しかない「家づくり」が
より素敵な体験と感じていただけるよう、
常にお客様に寄り添った
「家づくり」を続けていきます。

※1 地域により指定研修を受けた協力業社が
施工する場合があります

快適な暮らしを実現する
3つのこだわり

QUALITY上質な住み心地

土屋ホームが創業以来こだわり続ける「あたたかい家」、それは北海道の厳しい環境との戦いでもあります。家の中の温度を逃がさない断熱性と、確かな施工がもたらす気密性、さらに家全体の空気環境にも着目した家づくりを行なっております。暮らす人がより快適に過ごしていただけるよう、「上質な住み心地」を追求し続けます。

BES-T構法
日本の風土にマッチした伝統的な木造軸組構造を進化させた土屋ホームの外断熱「BES-T 構法」は、構造躯体を断熱材で外側から包み込み、柱や断熱材の隙間から家の中の「あたたかさ」が逃げるのを防ぐことで、夏は涼しく冬は暖かい 「高断熱・高気密」の家を実現します。
24時間換気システム
気密性が高くなるほどに重要になるのが「換気性能」です。土屋ホームでは、計画的に淀んだ空気を排出し新鮮な空気を取り入れる「24時間計画換気システム」を採用。また「熱交換換気」を行うことで、家の中の「あたたかさ」を保ちつつ快適な空気環境を実現します。

REASSURANCE揺るぎない安全

土屋ホームは、地震や火災、環境問題などさまざまな問題と向き合いながら、お客様が安心して暮らすための安全性の向上を行います。伝統的な工法と自由な発想の技術を組み合わせた、独自の技術開発を行うことにより、より高い水準の安全性能を実現します。暮らす人がいつまでも安心できるように、「揺るぎない安全」を追求し続けます。

土屋ホーム独自の構造体
土屋ホームの家は、軸組構造と壁構造を組み合わせ、「点」と「面」で家を支えることで、地震や台風などの外力をバランスよく建物全体に分散させることで住宅としての強さを生み出します。また接合部分にはオリジナルの接合金物を採用し耐久性能の向上を行います。
基礎・土台
住宅建築において基礎・土台は住まいの耐久性の要となる部分です。土屋ホームの基礎・土台は鉄筋とコンクリートを組み合わせた強靭な構造。家自体の重さに十分耐えるとともに場所によって異なって沈下することを防ぎより確かな安全性と耐久性を実現します。

TECHNICAL安心の自社大工

高品質で人と環境に優しい住まいづくりを追求してきた中で技術開発と共に自社大工の育成に力を注いできました 。外部に仕事を委託するのではなく、知識と技術を身につけた自前の 職人たちが責任を持って直接施工します。「安心の自社大工」※1による家づくりで、確かな品質を約束いたします。(※1 地域により指定研修を受けた協力業社が施工する場合があります)

自社工場
土屋ホームは、構造計算による緻密な設計、積算、生産、品質・工程・安全管理に至るまで、一貫した施工管理体制を敷いています。自社工場と地域指定工場において、お客様の設計データをもとに部材を加工し、現場に運んで施工するプレカット方式。工場での徹底した品質管理と工期削減を実現します。
土屋アーキテクチャカレッジ
品質の実現には、確実な施工が不可欠です。土屋ホームは技能職(大工)の訓練学校「土屋アーキテクチュアカレッジ」を設立し、施工の要となる人財をしっかり育成することで、自信をもって「永く快適に住み続けられるすまい」をご提供いたします。