おかあさん建築士と考える住まい ~ Work Place のある間取り~

カーディナルハウス その他

“住み心地” = “自分のスタイル” ー “必要ないもの”

自分のスタイルを意識することは大切なことだと思います。

持続可能性が求められる世の中で、家も例外ではありません。
想いを込めたマイホームを、後世にもつなぐために。
長く住み続けるためには、やっぱり住み心地が重要ですよね。
自分にとっての住み心地とは…
そのヒントが、自分のスタイルの中にある気がします。

その上で、必要ないものを引き算する。

個人的な話になってしまいますが、
私のスタイルは、日々を大切に生活すること。
特別なことではなく、いつもそこにあるものを大切にしたい。
安心・信頼・ふつう…
そんな幸せへの願いを求めて、今の自宅に住んでいます。

コンセプトは “ キレイな空気の中で暮らせる心地のいい家 ”。

  • ×
  • ×
  • ×

今回ご紹介する間取り、

当時、こだわっていたのは、

①Remote WorkのできるWork Place
②室内の空気環境

この2つでした。

Work Placeに関しては、
2階の踊り場も有効活用。
狭く感じる時もありましたが、
今となってはこの広さがちょうどよく居心地がいいんです(笑)

また、室内の空気環境については気密性能と換気性能を重視していました。
理由ですが、まだ子どもが小さかったので健康面の安全を考慮しました。

・高気密性能ですき間からのホコリをブロック。
・外から入ってくるホコリが少ないから、空気中のホコリも少ない。
・換気性能が良いと湿気がこもらずカビ知らず。
・だから、小さな子どもの身体にも優しい空気環境に。

また、当時から共働きだったので、効率よく家事を片付けたかったというのも理由の一つ。

・ホコリが少ないから、掃除機をかける頻度は最低限。
・梅雨の時期でも部屋干しで乾くので、洗濯物にかかる時間が圧縮。
・空調機の稼働も減り、電気代も圧縮。家計にも優しい。

もちろん、
玄関から家中まで、夏涼しく冬暖かい、快適な生活が一年中保障されているのも嬉しいこと。

そんな住み心地を、
多くの人に体感していただきたいと考えています。

将来の可能性、 “夢” をカタチにしませんか。

  • ×

今回ご紹介した間取りは、 “夢” をカタチにしたものです。

プライベート空間を2階にまとめることで、
洗濯関係の家事は、「洗う」⇒「干す」⇒「収納する」が最短で。
また、広い吹き抜けで1・2階をつなげ、
夜空を見上げることができる、居心地の良いリビングを実現させました。

皆さまにも、将来的な “夢” はきっとありますよね。

ちょっと本格的な “Work Place” で悠々自適に働きたい…
休日の合間に“One Day Café” や親しいご友人を招いた “Home Party” ができたらと…
そして、将来は二世帯にしてご両親に親孝行をする… etc.

あなたの “夢” もお聞かせいただければ、
どうしたら実現できるのか、ご提案させていただきます。

ご相談担当として、たくさんのご要望をお伺いしております。

①使い勝手のいい間取り。
(家事動線、ファミリークローゼット、玄関近くの手洗い、etc.)
②夏涼しく冬暖かい家。
③お家時間を楽しみたい。
④Work Space / Study Corner が欲しい。
⑤空気環境(換気)。

お気軽にご相談ください。
あなたの “夢” を実現できる間取りをおつくりいたします。

お問合せ