サポート・メンテナンス

洗面所(UT)・浴室

洗面化粧台洗面ボウルはレモンの使い残しできれいに。

洗面ボウルは、ナイロンタワシなどを使うと傷がつくことがありつやもなくなります。ソフトクレンザーなどで布を使って磨きましょう。レモンの使い残しでゴシゴシこすると黄ばんだ汚れもきれいになります。

蛇口やパイプは、練り歯みがきを使うとラクに落とせます。洗石成分は、お風呂用イオン洗剤や、ナイロンタワシ等でよくおちます。もし洗面ボウルにキズやヒビが入ってしまったら、すぐに補修しましょう。

汚れを取りよくから拭きして、その後に透明のマニキュアを塗って乾かすとキズが広がらずにすみます。カラーボウルの場合は同カラーのラッカーを塗ってもよいでしょう。また洗面ボウルだけの交換もできます。

カガミ乾いた布でこまめなお手入れを。

洗面台の鏡は、いつも湿気にさらされています。乾いた布で水気と汚れをこまめに拭き取るよう心がけましょう。また、鏡がくもる場合は台所用洗剤で軽く拭いたり、タバコの吸い殻をガーゼに包んでこするときれいになります。

床・壁お風呂用洗剤で洗い、換気に心がける。

ユニットバスやタイル張りの床や壁は、スポンジにお風呂用洗剤をつけて洗い水で流します。そのあと、乾いたぞうきんで水気を拭き取ります。湿気が残っているとカビなどが発生しやすくなります。

カビが発生した場合はなるべく早く、市販の塩素系洗剤などで除去します。その時、有害な塩素ガスが発生しますので、必ず換気扇を回すなど十分な換気をおこなってください。また塩素系洗剤を直接肌に触れないように、頭、顔、目を保護してください。

タイルの目地の頑固なカビは、漂白剤をかけてしばらくしてから吹き取るようにします。

またお風呂の床は、お湯で濡れるとすべりやすくなりますので、お子さまや高齢者の方がいるご家庭では市販のスベリ止めテープを張ると安全です。また、浴槽の底にも張れるので活用してください。

排水口排水口にネットをかぶせて悪臭とつまりを防ぐ。

浴室の排水口には毛髪や水あか、石けんカスなどがたまり、悪臭を放つ原因となりがちです。お手入れは排水口の防臭カップを取り外し、定期的に浴室用洗剤を使ってスポンジやブラシで洗います。その時、排水口の奥まで洗いましょう。

排水口にネットをかぶせると詰まりを防止できます。最近では毛髪を溶かすパイプクリーナーなども市販されていますので便利です。

給湯ボイラー凍結予防には水抜きが必要。

不完全燃焼の原因ともなりますので、排気トップにものをのせたり立て掛けたりしないようにしましょう。

冬季間に家を空ける際には、水抜きをするなどその給湯ボイラーに合った凍結予防をおこないます。また長期にわたって使用しないときも凍結予防をおこないます。ボイラーのなかには、凍結予防ヒーターを装備してあるものがありますので、電源は抜かないようにしましょう。

年に一回は専門家の点検を受けたほうが安全です。

浴室のお手入れ入浴後に浴室用洗剤を使いスポンジで洗う。

浴槽にはポリ、ステンレス、タイル、木製などがありますが、お手入れの基本は共通です。まず基本を知って、浴槽に合ったお手入れを心がけてください。浴室のお手入れは、入浴後の浴槽が暖まっているときに掃除すると効果的です。

最初に、浴槽に水をかけ汚れを取り、浴槽に水の膜をつくります。次に、浴室用洗剤を浴槽にかけて10~15分ほど放置します。スチールウールかスポ ンジで汚れを落とします。そして水できれいにすすぎます。最後に乾いた布でから拭きします。湿気がこもらないように、必ず換気扇などを回し換気に心がけま しょう。

また、入浴後はもちろん、昼間も換気をしておくと、カビなどから浴槽を守り浴室を清潔に、長持ちさせることができます。

FRP・ポリ浴槽お風呂用洗剤でこまめにお手入れ。

ユニットバスのFRP浴槽やポリ浴槽は、クレンザーやナイロンタワシなどでこすると傷がつきます。そこから汚れが染み込んでさらに汚れが広がることになります。強力な洗剤を使うと表面のつやがなくなりますから、お風呂用洗剤を使ってこまめに洗いましょう。

ステンレス浴槽お掃除の仕上げはから拭きで水あとを残さない。

ポリ風呂やホーロー風呂にくらべ汚れや黒ずみが落ちやすく、お手入れも簡単です。お掃除はキズをつけないように、スチールウールなどを使いあまりカ を入れないようにお風呂用洗剤で洗います。光沢を保つために、水あとを残さないようにから拭きすれば完壁です(キッチンのステンレス流し台手入れを参考に してください)。

水栓金具(シャワー・カラン)水アカのつまりは歯ブラシで磨く。

シャワーや追い焚き用の金具が水アカでつまると、シャワーが均一に出なかったり追い焚きの効率が悪くなります。取り外しができるものは、古い歯ブラ シに浴室用洗剤をつけてこするだけで簡単に取り除くことができます。それでも詰まっているなら、マチ針や虫ピンなどを使います。水アカは溜まりやすいの で、頻繁にチェックしたいポイントのひとつです。

排水管のS字型はなぜ?

洗面台の下の排水管は、中に水がたまるようにS字形になっています。水をこの中にためて下水道からあがってくる臭いにフタの役目となり、害虫などの侵入防止の役割もします。水まわりのほとんどがこのS字型です。

キッチンの流しに生ゴミなどを放りっぱなしにすると、S字の部分にたまって、つまりの原因となります。誤って指輪などを流してしまった場合のほとんどは、S字部分を取りはずせば取り出せます。

浴室のカビ予防
浴室の最大の悩みはカビ対策で、1ヵ所に発生するとすぐに広がってしまいます。まず発生させないことが大切で、そのためには飛び散った石けんのアワ やカスをしっかりと拭きとることが大切。さらにお湯で汚れを落としたら、水で浴室の温度を下げてカビが好む高温を避けるようにします。さらに最後にあがる 人がバスタオルなどで浴室内の水分を拭きとり、必ず換気扇を回せばかなりカビの発生を抑えることができます。
  • モデルハウス
  • 分譲住宅・土地情報
  • 土地・中古住宅
  • 賃貸住宅