壁・床にもこだわりを持つ北20条モデルハウス

土屋ホーム 北海道エリア

「いつかは自分のお家を」と考えている方に「見て」・「触れて」・「感じて」ほしいのが、北20条にある土屋ホーム「LIZNAS体験型モデルハウス」です。

北20条モデルハウスは、シンプルでありながら、高級感のある外観とカフェのように上品な内装が特徴です。
今回は、天然素材のフローリングや塗り壁など、素材の使い分けが魅力的な北20条モデルハウスをご紹介します。

インテリアのテーマに沿った「フローリング」と「壁」

北20条モデルハウスは「ヴィンテージ調」をテーマにしており、1階のリビングはお部屋の色調が落ち着いた上品な大人の雰囲気で統一されています。
フローリングは、濃い色味の無垢材で、壁面に使用している白の木目調とのコントラストが、シックになりすぎず居心地の良さを演出してくれています。
また、お部屋の南側には庭へ出るための大きな窓があり、窓から差し込む自然光が部屋中を照らすことによって、柔らかな雰囲気も感じることができます。男性的なイメージの「ヴィンテージ調」ですが、自然光を取り入れることで、ママもお子さんも居心地良く過ごすことができると思います。

個性的な「曲線壁と塗り壁」

「ヴィンテージ」というテーマに沿ったインテリアで統一されている北20条モデルハウスですが、特に目を惹くのが玄関とリビングをつなぐ廊下にある「曲線壁」です。個性的で美しい印象の曲線を描くこの壁は、玄関とリビングを繋ぐ位置にあり、ホールを広く感じさせるだけでなく、お子さんが角に当たってしまう心配も軽減させることができます。また、デザイン性の高い曲線壁はお客様がリビングへ向かう際に、柔らかい雰囲気と家全体のデザイン性の高さを印象づけてくれるのではないでしょうか。
この壁で使用されている「塗り壁」は土や植物などの自然素材で作られたもので、一般的な壁紙では表現できない、一つ一つ丁寧に塗りあげられた味のある仕上がりになります。さらに、一般的な壁紙のように、壁紙と壁紙の継ぎ目ができないので統一感があり温もりや表情も感じられる壁となっています。

足触りが心地いいフローリング

北20条モデルハウスでは、足触りの良い床材「無垢材フローリング」を使用しています。
一般的に無垢材フローリングは、木が伸縮することによりすき間ができやすくなりますが、北20条モデルハウスで使用しているフローリング材は、表面に無垢の挽き板を貼り合わせているので、木の痩せやすき間ができやすくなるリスクなどの負担を軽減しています。また、無垢材は使用すればするほど木の持つ表情や味わいが変化していくので、家族とともに年月を重ねていける楽しさや愛着も感じられるほか、床材の色も北20条モデルハウスのテーマ「ヴィンテージ調」に合ったチャコール色を使用しているので、お家全体の一体感も保たれます。さらに足触りが優しい床材なので子どもが裸足で過ごしても負担が少なく、快適に生活することができます。

北20条モデルハウスに行ってみよう!

土屋ホームのモデルハウスは今回ご紹介したポイントの他にも注目してほしい点がたくさんあります。
さらに「LIZNAS」は「価値ある家を、お手頃に」というコンセプトのもと誕生した、高品質でリーズナブルな土屋ホームの企画住宅となっています。
「いつかお家を建ててみたい」という方は、是非一度体験型モデルハウスを見て・触れて・感じてみてはいかがでしょうか?
ご予約の詳細は以下のURLよりご確認ください!(要予約)
https://www.cardinalhouse.jp/lodge/user/3986/

【モデルハウス情報】
北20条ヴィンテージ
札幌市東区北20条東2丁目2番27号

(取材・撮影・構成/ママサポートスタッフ)

INFORMATION