施工事例

築50年をシンプルモダンへ、記録的な猛暑の夏も快適に
兵庫県宝塚市 N様邸

注文住宅 シンプルモダン
  • 階段の上り口から望むリビング・ダイニング。吹き抜けに加えて約30帖の広さは開放感が違う
  • 起伏のある土地に開けた住宅街の一角にたつ、白い外壁に大きな窓が印象的なお宅
軽井沢別荘の高性能を聞いて

当社のお客さまには、実際に当社で建てた方々からのご紹介があって、「我が家も土屋ホームで」とご指名くださる方が少なくありません。今回の兵庫県宝塚市にお住まいのNさんと奥さまも、軽井沢の別荘を建てられたご親戚のお勧めもあって、築50年のマイホームの建て替えをご用命いただきました。

氷点下20度近くまで冷え込む軽井沢の冬でも、断熱・気密性能がしっかりしているから暖かい-というご親戚からの言葉は、「冬でも暖かく過ごせる家を」と望んでいたご夫妻の心をとらえました。というのも、六甲山の東に位置する宝塚市は、大阪湾に面した平坦な地域よりも冬は冷え込むことが多いからです。

春に完成した新居に、「要望を的確につかんで形にしてくれました」と、ご夫妻は大満足のご様子。「吹き抜けのある開放的な家に」とのご要望を受けて、当社では、一つひとつの居室をゆったりとレイアウトしたプランをご提案しました。1階には30帖もの広さのダイニング・リビングルーム。2階は吹き抜けを中心に2つの子ども部屋と10帖の寝室。その隣には、6帖の広さの収納専用部屋を設けてあります。

ここだけでなく便利な収納が随所に。玄関土間にシューズクローク、ホールにはコート専用のクローゼット。キッチンは、大型のパントリーや階段下を利用した物入れを設けたので、すっきり片付いてとても使いやすいとのことです。

冬も楽しみな高断熱・高気密

室内のどこを見ても上品な雰囲気に満ちているのは、白と黒、ダークブラウンの色調でコーディネートして、シンプルモダンなデザインに統一したからでしょう。

特に美しさが際立つのが、吹き抜けに6つの大きな窓を設けたリビングルームです。ウッドデッキへと続くドアにはグレーとシルバーのカーテン。ホール側の折り上げ天井に設けた間接照明から放たれる赤みを帯びた光が、白い空間を照らします。

「ホテルのような雰囲気になりました」と、奥さまがお気に入りなのが、1階のユーティリティとトイレです。洗面化粧台の扉とフローリングを同じ色調のダークブラウンにして、クロスをベージュ系に。トイレのアクセントクロスには、凹凸のある網目の文様のものを選びました。

このようにデザイン性の高さが光る新居ですが、記録的な猛暑となった夏は、加えて当社の住宅の性能の高さを実感する毎日だったと伺いました。ご夫妻からは、「これほどまでに涼しいとは。外の暑さを持ち込まない家ですね」という驚きも。外気温が40度近くまで上がった日でも、高断熱・高気密の住宅は、エアコンを弱く稼働させていれば、自然な涼しさが持続します。

そしてもちろん寒くなる季節にも、外断熱が威力を発揮することは間違いありません。ご家族の皆さん、期待通り快適に過ごせるだろうと楽しみにされています。

PHOTO
  • 芝生の前庭ではパラソルテーブルをセットして家族でくつろぐことも。
  • 開放感たっぷりの玄関の土間とホール。2か所に設けた大きな窓から光が差し込む
  • リビングルームから階段室方向を望む。右手の折り上げ天井から間接照明の光が筋になって
  • 対面式キッチンとダイニングルーム。木製テーブルが大理石調の白いフローリングに映える
  • ダークブラウンの扉材のキッチン。パントリーなど収納たっぷりで使いやすい
  • キッチンのペンダントライトはバカラグラスを思わせるデザイン
  • 広々としたユーティリティと浴室。ダークブラウンの床でホテルのような雰囲気に
  • リビングルームのソファから見上げた吹き抜け。左右両脇の高い位置に間接照明を設けた
  • 1階のトイレは玄関の近くに。左手の壁には網目文様のクロスを施工
ご注文をいただいて
東海・関西住宅事業部 取締役部長 内田 章
”綿密な打ち合わせを重ね理想に近い新居が完成”

ご自宅に何度もお伺いして、綿密なお話し合いを重ねましたので、理想に近い新居をご提案することができました。当社の家は、1年を通して良好な住環境を維持できるので、末永く快適にお住まいいただけることでしょう。

Nさんご一家と当社担当社員(後列左から)施工担当の下山、営業担当の内田、設計担当の髙松

モデルハウスを見に行く

施工事例検索

タイプ













エリア

  • モデルハウス
  • 分譲住宅・土地情報
  • 土地・中古住宅
  • 賃貸住宅