施工事例

「暖かい家」第一だから北海道発祥の会社を
茨城県つくば市 N様邸

oneMORE(ワンモア) ソーラーパネル
  • 濃紺の外壁に切妻屋根のマイホーム 
    南側の屋根に大型の太陽光発電パネルが
  • 開放感がひと味違う吹き抜けのリビングルーム
    ネイビー色のカーテンの窓の向こうにテラスが
発電量で省エネに手ごたえ

Nさんのマイホームは、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及促進を目的として、太陽光など再生可能エネルギーを導入した高性能住宅に補助金を支給する、国の事業の条件をクリアしたZEHです。

以前から太陽光発電住宅に興味をお持ちだったNさん。新築のご用命をいただいたとき、太陽光発電システムを導入するなら一歩進めてZEHにしてはとお勧めしたところ、「それは魅力的な話」と共感してくださったのです。

ZEHは、太陽光による「創エネ」と消費するエネルギーの差が正味(ネット)でゼロになる住宅。特に当社のZEHは、高い断熱性能により最小コストで暮らせる省エネ住宅なので、発電の効果を最大限に引き出せます。

春に完成した新居は、5.9kWhの発電量のオール電化住宅。日々の発電量などの情報は室内モニターで確認できます。Nさんによると、年間を通しての収支はまだわかりませんが、晴天が続いた5月上旬ころから発電量が上昇して「手ごたえを感じている」とのことです。

ご夫婦は「何よりも暖かい家を」と寒冷な北海道発祥の当社を選んでくださいました。窓にトリプルサッシを採用したダブル断熱の新居ですから、寒い季節も快適にお過ごしいただけることでしょう。

格子窓からリビングを望む

こちらのお宅は、中2階に和室を設けた多重層の家「ワンモア」です。Nさんは隣県の栃木県の当社モデルハウスを訪れたとき、縦方向の空間を有効利用したワンモアの造りをとても気に入ってくださいました。そこで当社では、このモデルをベースに、ご家族のライフスタイルに合わせたプランをご提案することに。

特に工夫したのは、キッチンを中心に作業がしやすい生活動線です。ユーティリティなど水周りを一直線に配置したので、キッチンに居ながら浴室まで目が届きます。奥さまのご要望で収納も充実させ、とても使いやすいマイホームとなりました。

特にステキなのが、吹き抜け天井のダイニング・リビングルームです。小上がりの和室と一体的に使えるように工夫したダイニング。階段室側の壁一面に調湿タイルを施工したリビングルーム。中2階の和室の格子窓からリビングを望めるのも、ワンモアならではの楽しさです。

2階にもライフスタイルに合った場所が。ホールの近くには1.5帖の書斎。2.5階の寝室への入口となる前室は、ドラムを置いて音楽を楽しむ場所に。いずれピアノも置けるように、窓側の一角の床を補強したので、お子さまとご一緒の演奏をお楽しみいただけることでしょう。

白と木目調でコーディネートされたデザインの美しい新居。訪れる友人・知人の皆さんも異口同音に「おしゃれな家」と褒めてくれるのだそうです。

PHOTO
  • ブロックを積み重ねた門塀花壇もきれいに整備されて
  • 玄関ホールと土間には大きな窓を設けた。
    右手の白い引き戸を開けると半地下の収納が
  • ダイニングとその奥に小上がりの和室。
    木目調の下がり天井にダウンライトを設けて
  • 作業動線にも配慮して使いやすいキッチン。ここからはお子さまがどこにいても目が届く
  • リビングの階段室側の壁にはグレーの調湿タイルを施工した。 
    格子窓の向こうには中2階の和室
  • 壁に黒い和紙調クロスを用いた中2階の和室。格子窓を通して階下のリビングルームを望める
  • 2階の前室はドラムを置いて音楽室として利用
  • 2階の前室から4段上がったところに寝室が
  • 2階のホールの隣にある書斎。壁に造り付けの収納棚を設けた
  • 南側にはリビングルームから出入りできるウッドデッキのテラスを
ご注文をいただいて
千葉支店 設計 渡邊 憲応
”お子さまに目の届く間取りに 
 「理想の家」とのお言葉も”

小さなお子さまのいるご家族なので、奥さまが家事をしながらお子さまに目の届く、一体感のある間取りをご提案しました。お引渡しのときには「理想の家が完成しました」とのお言葉を頂戴して、嬉しさがこみあげてきました。

Nさんご一家と支店長の今崎

モデルハウスを見に行く

施工事例検索

タイプ













エリア

  • モデルハウス
  • 分譲住宅・土地情報
  • 土地・中古住宅
  • 賃貸住宅